残された家族に迷惑をかけないためにも!知っておきたい墓じまいの詳細

墓じまいとは具体的にどのようなこと?

墓じまいとは、元々ある墓から全ての遺骨を取り出して共同墓地や永代供養墓などに移転させることを言います。後継者がいないなど、墓を管理することが難しくなった場合などに利用されている供養方法です。移転先の墓については、それぞれの希望に応じて自由に選ぶことができます。納骨堂のように一箇所で管理してもらう方法の他、共同墓地のように一つの供養塔に埋葬してもらう方法などがあります。近年流行しているのは、海への散骨や樹木葬などといった自然葬です。海への散骨の場合は後に遺骨が残らないため、今後の墓の管理は一切不要です。樹木葬の場合も自然の樹木の根元に遺骨を埋葬することになるため、時間の経過と共に土に還すことができます。墓じまいの後で気になるのは節目ごとの供養ですが、管理する寺に頼んでおけば、定期的に法要を行ってもらえるため安心です。

墓じまいのやり方について

墓じまいをするためには、遺骨を取り出して別の所に埋葬する旨を伝える届出が必要になります。寺によっては、遺骨を取り出す際に違約金を支払う契約になっていることがあるため、事前に確認しておくようにしましょう。また、移転前と後で読経をしてもらうなど、供養の手配も必要になります。移転した先で永代供養を希望する場合には、それに伴う費用の準備もしておきましょう。移転先としてどのような場所がふさわしいか、家族と相談してじっくり考えておくことも大事です。樹木葬など人気の埋葬方法によっては予約が入りすぎて受け入れ不可能な所も多々あるため、早めに予約して場所を確保しておくようにしましょう。

墓じまいの費用は住んでいる地域やお墓を管理する場所によって大きく異なります。10万円程度から数十万円するケースまで様々です。