BCP対策って何?知っておくことでリスクを最小限にできる

利用すれば被害が小さくなる

BCP対策とは地震や津波、大雪などの予期せぬ災害に備える手段のことです。このBCP対策を行っていることで重要な業務への被害が軽減できるようになります。この業務への被害として具体的な話で言えば顧客情報の流出を防止できる効果が狙えるでしょう。業務の保護以外にも社員が安全を確保できるような働きもBCP対策の内容に含まれます。例えば災害時に社員が会社に取り残されてしまった場合に生存できるように備蓄倉庫を作っておくことが対策になるでしょう。地震が起きたときには停電が起きてしまうケースも考えられるため、予備電源を使用できるように電力を蓄えておくのも効果的な対策として挙げられます。会社全体で避難訓練を行っておくのもBCP対策の1つです。全員が避難方法を知っておくことで生存率を上げられるでしょう。

資源の確保も行っておこう

BCP対策の中には資源の確保も含まれます。企業の資源を確保しておくことで、業務が停止してしまった場合でも損失の補填として資源を有効活用できます。その資源を使って企業の業務を回復することもできるため、災害が起きる前に資源の確保方法を社内で話し合っておくのが効果的でしょう。災害が起きてしまう前に緊急時の対策チームを設立しておくのもオススメです。緊急事態が起きたときに迅速な対応ができるチームを作っておくことで避難する際に的確な指示が行われやすく、被害を最小限にできる可能性が高くなります。このときのポイントとして対策チームのメンバーに入る人は冷静さを持った人が適任と言えます。また対策チームのメンバーに入った人は災害時の行動についての知識を深めておくことが必要です。

BCP対策を行っておけば、災害が起きた場合でも最低限の業務は継続することができるだけでなく、短期間での復旧を目指すことができます。