小陰唇肥大について知っておいた方が良いこと!

女性が気になるとは?

女性性器には、小陰唇と言う部分がありますが、これが通常より大きい場合「小陰唇肥大」と言います。鏡の前に直立に立ち、性器にある大陰唇と言う部分から小陰唇が大きくはみ出している場合は、小陰唇肥大を疑った方が良いです。

手術が必要かの判断のしかた!

小陰唇肥大の主な問題は、大陰唇と小陰唇の間に悪臭の原因となるアカがたまるということや小陰唇が下着とこすれてしまうことなどがあります。これらの症状に悩んでいる人は、手術した方が良いかもしれません。これらの問題を抜本的に治すためには、手術しか現状の所ありません。

小陰唇肥大の改善方法はあるの?

小陰唇肥大は一時的なものではありません。薬や道具などを使用して治すことは現状では難しいです。小陰唇肥大を本格的に治したい場合は、手術になってしまいます。手術は、特殊な高周波メスを使用して余分な小陰唇を切除して小陰唇を縫う手術になります。手術自体の時間は30分もあれば終わります。縫う場合に使う糸は、自然と人体に吸収される吸収糸と言うものを使用します。

手術後に気をけること!

切除した後縫うので、手術した部分に刺激を与えない様にすることです。シャワーは手術翌日からして問題ありません。性交は手術した部分に刺激を与えるので、手術後1か月は控えた方が良いです。

日頃のケアについて!

異臭の原因は、大陰唇と小陰唇の間にアカがたまることなので、アカをとれば解決します。方法は、肌に優しい石鹸を使用して、アカを取ることになります。下着のすれは、下着をシルクや綿など肌に優しい素材のものを使用すると良いです。

小陰唇肥大とは、性器をばい菌から守るためにある小陰唇が大きくなっている状態です。一般的には先天性であると言われていますが、慢性的な炎症や加齢が原因とも言われています。