酸洗いって何!?酸洗いの目的とその方法!

そもそも酸洗いって何?

酸洗いというのは、金属の熱処理や溶接、ロウ付けといった作業によって生まれてしまった錆などを除去する作業のことです。この時、硫酸や塩酸を使用するため酸洗いと呼ばれています。

錆だけではなく、スケール、酸化皮膜、不動態皮膜といったものも処理します。

一般の人には聞き慣れない名称ですが、金属加工には欠かせない工程の一つです。

酸洗いの目的って何?

酸洗いを行う目的は幾つかあります。

一つは、金属の表面部分を洗浄するためです。

納品する際の外観品質を整えるため、最終工程として酸洗いを行う場合もあります。

二つ目は、塗装やメッキ処理などの加工を行うための下地処理を目的として行われます。

この時の処理が不十分な場合、メッキの密着が悪くなってしまうことがあります。

三つ目は、表面の錆を防止するために行われます。

金属に対して熱処理などの加工を行うと、表面にある膜が壊れてしまい錆びやすい状態になります。

酸洗いを行うことで、金属と酸が化学反応を起こして、再び錆びにくくする膜を形成してくれます。

酸洗いは個人でもできるの?

酸洗いは硫酸や塩酸といった危険な薬品を使用して行うものです。

個人でも行うことは可能ですが、知識のない方が行ってしまうと健康面に悪影響を及ぼす可能性もありえます。

もし酸洗いが必要な時があれば、基本的には技術、設備が整った企業にお願いするのが一番でしょう。

いかがだったでしょうか?

酸洗いは金属加工に欠かせない工程の一つですが、危険な面もあるということを忘れないようにしましょう。

酸洗いとは硫酸や塩酸などの酸を用いて焼けやスケールなどを取り除くことで、メッキの前処理として大切な工程です。