フランチャイズとは?低リスクで独立する方法

独立開業の夢を現実のものに

サラリーマンや公務員など、組織に身を置いて働いている人の中にも、いつかは独立して自分の店を持ちたいと考えている人は少なくありません。

ただ、そうは言っても実際に開業を目指すとなると、越えなければならないハードルはたくさんあります。どんな店をどこに出せばうまく行くのか、開業資金はどれくらい用意したらいいかなど、さまざまな課題を独力で解決するのはなかなか大変です。

そんな時に魅力ある選択肢となるのが、フランチャイズという経営方式です。開業に伴うリスクを抑えつつ、未経験者でもスムーズに独立を果たすことが可能です。

さまざまな業種から選べる

フランチャイズは、それぞれの店舗が独立経営を保ちつつチェーン展開を行う経営方式です。各加盟店は運営本部とフランチャイズ契約を結び、ロイヤリティを支払う代わりに商号の使用権を得たり経営ノウハウの提供を受けたりすることができます。また、加盟に際しては開業場所の選定や資金計画等についても相談に乗ってもらえます。

フランチャイズ方式で運営されている店舗チェーンの代表格と言えるのが、コンビニエンスストアです。また、それ以外にも居酒屋やファストフード店などの飲食業、美容院やクリーニング店などのサービス業など、さまざまな業種でフランチャイズ方式が採用されています。

手厚いサポートで安心経営

フランチャイズ経営の最大のメリットは、本部からさまざまなサポートを受けられる点にあります。開業に際しては経営知識や技能などに関する研修が行われるばかりでなく、開業後も接客マニュアルなどを利用することができます。

また、収支保証といって事業が軌道に乗るまでの一定期間、本部が赤字を補てんする制度を設けているところもあります。

フランチャイズ募集は比較サイトを利用すれば、いくら資金が必要か、どんなスキルがあれば可能か自分の合った仕事を見つけることが出来ます。